ホーム>

腰痛

腰痛はごくありふれたものです。5人中4人もの人々が生涯のある時期に腰痛を経験します

腰痛

腰痛とは、腰の痛い状態です。
腰痛は45歳の人の障害と して最も多く、米国では45歳未満の成人が仕事を休む理由としてかぜに次いで2番目に多くなっています。腰痛に悩む人は年齢が高くなるにしたがって増え、 60歳を超えると半数の人が何らかのきっかけで腰痛を起こしています。米国では、毎年腰痛にかかる治療費は800億ドル以上にも上り、腰痛による障害での 保険金請求額は80億ドル以上にもなります。このように、腰痛は命にかかわる病気ではありませんが、健康上きわめて大きな問題です。

筋肉疲労と不良姿勢(腰の反り返り)によって椎間板(ついかんばん)にかなり負担がかかるために腰痛になりやすいといえます。一方、ずっと座っている姿勢 も、立っている状態より椎間板にかかる負担は大きく、こちらも不良姿勢が原因で腰痛になりやすいのです。

背骨(椎骨)からなる脊椎(脊柱)にかかる衝撃は、椎骨の間にある軟骨でできた椎間板によって吸収されます。軟骨の薄い層に覆われた椎骨は、靭帯(じんたい)と筋肉に支えられて脊椎をしっかり安定させています。これらの筋肉には、脊椎の両側に沿って続く2本の腸腰筋、脊椎の後ろ側で全長に沿って続く長い2本の脊柱起立筋、椎骨と椎骨の間をつなぐ多くの短い傍脊椎筋があります。胸郭の一番下から骨盤へ続く腹筋も、脊椎の安定に役立っています。

脊髄神経は、脊髄に沿って椎骨のすき間から出て全身の神経とつながっています

脊椎の中には、脊髄(せきずい)が収容されています。脊髄神経根と呼ばれる脊髄神経の一部は脊髄に最も近い場所にあるために、脊椎が損傷すると圧迫されて痛みをもたらします。
5個の椎骨で構成されている腰椎は、胸部と骨盤および下肢を連結しており、これによって体を回す、ねじる、曲げるなどの動作を可能にしています。それは立つ、歩く、ものを持ち上げるといった動作のための強度も生み出します。このように腰はほとんどあらゆる日常動作にかかわっているため、腰痛があると多くの日常活動が制限され生活の質が低下します。
 

施術メニュー

ぎっくり腰

ぎっくり腰(ギックリ腰)とは、ものを持った時や急な体幹の捻転時に起こる急性の腰痛のことです

ぎっくり腰

ぎっくり腰は急性腰痛症の一つです。欧米では腰が突然の激しい痛みに襲われるため、その病態から「魔女の一撃」とも呼ばれます。
ぎっ くり腰(ギックリ腰)は腰部に痛みがあり、内臓疾患によるものではなく、レントゲン写真を撮っても脊椎の異常が見られないものの総称です。 ぎっくり腰(ギックリ腰)は、何かのきっかけで急激に(ギクッと)発症した腰痛のことで、医学的な診断名ではなく、一般的な名称です。ですから、ぎっくり 腰(ギックリ腰)といっても人によって傷めた場所は違います。
ぎっくり腰(ギックリ腰)は中腰で物を持ったとき、洗顔で前かがみになったとき、また長い時間、前かがみで同じ姿勢で仕事し立った時に、急に腰痛を起こし ます。ぎっくり腰(ギックリ腰)になりますと、突然の腰痛で曲げることも伸ばすこともできず、寝たままになることがあります。

高齢者ではぎっくり腰(ギックリ腰)をきっかけに寝たきりになることがあります

ぎっくり腰(ギックリ腰)になった多くの人は、激痛のために神経や骨がおかしくなったのか、椎間板ヘルニアや腰骨の骨折などではと不安になりますが、実際はそのようなことはほとんどなく、背骨を支えている筋肉を傷め、筋違いによる筋肉痛のことが多いです。

ぎっくり腰(ギックリ腰)や椎間板ヘルニアにかかる人は、重労働の人は意外と少なく、デスクワーカーや車好きの人に多いというデータがあります。いすに座りっぱなしですと、体重が腰にかかり、血液の循環が悪い椎間板に負担が掛かり、ヘルニアが出てしまい、神経が圧迫されて、痛みが出やくなります。腰や骨盤の筋肉、筋膜、靭帯も損傷しやすく、やがてぎっくり腰(ギックリ腰)になります。

ぎっくり腰(ギックリ腰)は骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からなる仙腸関節に付着する軟部組織に特に多く発生しています。解剖的には仙腸関節がわずかに離開 して腸骨が後下方にずれる場合が多いからです。骨盤を支える筋肉が弱くなることと、仙腸関節を構成する軟部組織の機能の低下により、仙腸関節の体を支持する能力が低下し、腸骨が後下方にずれ、ぎっくり腰(ギックリ腰)を引き起こします。

ぎっくり腰(ギックリ腰)は医学用語では急性腰痛症といいます

ぎっくり腰

腰にそりとひねりが加わったときに起こりやすい症状で、椎間関節、仙腸関節、腰の筋膜などの捻挫と考えられます。
靭帯や筋肉によってしっかり支えられ ている腰椎は、老化が始まると靭帯や筋肉が弱くなって関節のかみ合わせが不安定になり、動きを調整することが難しくなります。このような状態でそりやひね りが加わると、日常の何気ない運動でも捻挫してしまい、神経が刺激され、ぎっくり腰(ギックリ腰)の痛みが出ます。
 

ぎっくり腰(ギックリ腰)の症状が出たら、まず安静第一です。痛みが2週間以上続く場合や、頻繁に同じ症状を繰り返す場合には、骨粗鬆症や腰椎の病的骨折など違う病気が発見されること があります。また、単純なぎっくり腰(ギックリ腰)から椎間板ヘルニアに移行している場合もあるので、注意しましょう。
 

施術メニュー

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは老化や激しい運動などで椎間板が外に飛び出し、神経を圧迫することで、激しい痛みやしびれを引き起こしてしまう病気です

腰椎椎間板ヘルニアは、ヘルニアの一種であり、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態です。
椎体と椎体の間には人体最大の無血管領域と呼ばれる椎間板が存在しています。椎間板は中央にゼラチン状の髄核で、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪か ら成ります。この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアです。

腰椎椎間板ヘルニア

 多くの動物は脊椎を重力に垂直にして生活しているのに対し、人間は二足歩行であるために脊椎は重力と平行方向となります。このため、立位では椎間板には多 くの負荷がかかります。
椎間板ヘルニアは、下位腰椎(L4/5,L5/S1)が最多で、次に下位頸椎に多く、胸椎には少ないです。胸椎に少ないのは、胸郭 により、椎体間の可動性が頚椎や腰椎に比べ少ないことによります。また、神経根走行の関係から、下位腰椎では、上位腰椎に比べ、神経根症状を起こしやす く、発見されやすい面もあります。

高齢になると下位頚椎での可動性が減少しヘルニアが起こりにくくなり、比較的上位の頚椎病変を起しやすくなります

椎間板ヘルニアは、なぜこの椎間板が壊れるのかに関しては、各個人により異なった原因があると考えられますが、椎間板という組織自体は加齢とともに早くから老化しやすい組織であること、人類が二本足歩行を開始したために、下位腰椎に過剰な負担がかかりやすくなっていることが、椎間板が損傷されやすい大きな原因であろうと考えられています。椎間板ヘルニアの患者さんの年齢は50歳代にピークがあり、男性はおよそ女性の2倍の頻度でみられ、20歳以前と70歳以降では比較的稀な病気です。最新の研究では、腰椎椎間板ヘルニアの発症原因の一つとして遺伝的要素が係わっています。
 

施術メニュー

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は脊柱管という神経を囲んでいる管が下記に示す種々の原因により狭窄(きょうさく)している状態です

脊柱管狭窄症
  • 先天性(せんてんせい)・発育過程における狭窄(稀である)
  • 後天性(こうてんせい)狭窄(圧倒的に後天性が多い)
  • 変性による狭窄・変性辷り症等
  • 分離・分離辷り症
  • 混合症:先天性、発育性、変性、ヘルニアの各種の組み合わせ
  • 医原(いげん)性:脊椎手術後
  • 外傷性(がいしょうせい)
  • その他の骨格病変(こっかくびょうへん)

 これらが原因となり脊柱管内の脊椎神経もしくは、馬尾神経、神経根が圧迫をうけ阻や欝血状態を基本とする障害が起こります。脊柱管狭窄症の場合、下肢の痛み・痺れ・脱力のために歩けなくなるが,少し休むとまた歩けるようになるという「間欠跛行」が最大の特徴です。
歩くことにより両脚に痛み・痺れ・脱力が増します、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じます。

  • 痺れ感
  • 冷感
  • 灼熱感(しゃくねつ)
  • 絞扼感(こうやくかん)

腰痛は軽度であまり強いものはありません。
 

施術メニュー

坐骨神経痛

坐骨(座骨)神経痛とは、さまざまな原因により、坐骨神経が刺激され、神経痛を感じる状態です

坐骨神経痛

です。 坐神経痛は、その神経の分布領域に強い痛みを生じる にもかかわらず、肉眼的に神経には異常を認めないもの骨(座骨)神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。

第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、梨状筋の下を通って大腿後面を降り、膝の裏で総腓 骨神経と脛骨神経に分かれます。
坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を 受けた為に発症します。

坐骨神経痛の原因はさまざまで、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされています。坐骨神経痛は太ももの後面、ふくらはぎ辺りの痛みが多く、他にも下肢の痺れ、知覚鈍麻、歩行障害などが見られることがあり、その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもあります。
 

施術メニュー

変形性股関節症

変形性股関節症とは、骨盤と太ももの間の関節である「股関節」を形成している骨や軟骨がすり減ったり、形が変わったりする病気です

30歳代後半~50歳代の人に多く、特に女性に多く見られます。
放置すると痛みによって、足を引きずって歩くようになります。過去に股関節の異常や病気を経験したことのある人が、その後成人してから後遺症として発症する二次性のケースが多く、全体の8割程度を占めています。過去に病気をした時にしっかりと治療が行われていないと、その後骨が正常に発育せずに変形してしまうのです。
原因がはっきりしない一次性のケースは日本ではあまり見られず、逆に欧米では原因の大半を占めます。加齢に伴う骨の劣化によって発症するものと考えられています。
 

施術メニュー

PAGE TOP