ホーム>

寝違え

寝違え(ねちがえ)とは、睡眠時に起きた頸椎捻挫のことです

あるきっかけによって急に頸部および肩甲帯部に疼痛を覚え、頸椎の運動が制限された状態をいいます。

寝違え

睡眠中に無理な姿勢を取ったり、無理な首の動かし方をすることで首の筋肉に負担がかかり、筋違えをおこして筋肉痛に似た痛みが生じます。朝起きて、突然、 首が痛くてまわせない、動かせない状態になります。

寝違え(ねちがえ)症状は軽い場合から重い場合まで様々であり、寝違え(ねちがえ)によってスポーツ選 手が欠場することもあります。一度寝違えると数日痛みが続くため、仕事にならないこともしばしばで、たいへん辛いものです。

寝違え(ねちがえ)は、不自然な姿勢で眠り続けた時に、首に無理な負担がかかるために起こります

通常は頸部に痛みが生じたり違和感を覚えた場合には、眼がさめたり無意識のうちに首の姿勢を変えますが、疲労や睡眠不足あるいは泥酔状態で眠ってしまうと、これらの反応がなくなり、不自然な姿勢で寝続けることがあります。または、窮屈なソファーで寝たり、椅子に座ったまま不自然な姿勢で寝てしまった時に寝違え(ねちがえ)が起こります。

寝違え(ねちがえ)は首から肩にかけての筋肉や靭帯などに急性の炎症が起きて、痛みや運動制限が生じると考えられています。骨の異常ではありませんので、X線検査を受けても、首の骨に異常がみつかることはほとんどありません。
疲労、寒冷、湿度や気温の激変などのほか、枕をかえたり起き抜けに不用意に首をひねったりしたことなどが誘因となります。寝違え(ねちがえ)は頸椎椎間板ヘルニアなどと鑑別するため、疑わしいときは頸椎X線画像をとることも必要となります。
 

施術メニュー

ムチウチ

むちうち・ムチウチ・頸椎捻挫とは胴体の上にやや不安定な状態で乗っている重い頭部が、強い衝撃により、鞭を振り回してしなったときのような、S字形の動きを強いられ、それによって、頸部に様々な症状が出る状態です

ムチウチ

むちうち・ムチウチ・頸椎捻挫は外傷の起こり方から来た言葉で、医学的には、各椎体、靱帯が過伸展損傷、過側屈損傷、過屈曲損傷によりおこる頚部の「頚椎 捻挫」をいいます。
頚椎というのは7個の骨で形成されています。その各々の可動域は決まっております。それが外部ストレスにより可動域を超衝撃が頚部に加 わり起こる頚部の捻挫であり、筋肉や靱帯などが伸びているか断裂している状態をいいます。

交通事故による頚椎捻挫や腰椎捻挫では、レントゲンやMRIで見えるよう骨や筋肉の損傷を伴うものは稀です。 画像検査で骨や筋肉の損傷が見つかる程度のケガであればたいてい救急車で運ばれています。

多くの場合は2~3ヶ月以内に治癒しますが、10~20%程度の患者さんでは2年以上も長引くことがあります

頚椎捻挫や外傷性頚部症候群、あるいは腰部捻挫などと呼ばれる交通事故後の症状は、頚や腰なでの筋組織が、 衝突による重い衝撃を受けたあと、筋肉の反射的過緊張や自律神経過敏症状が生じ、組織の血行障害がおこり、 それによって痛みの物質が流れ去りにくくなっていると考えられています。 
早期の治療が重要で、受傷後の早期から十分な治療を受けられた場合はより早く治りやすくなります。
 

施術メニュー

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアとは、頚椎の椎間板の線維輪に亀裂が入り、そのなかの髄核が飛び出して脊髄や神経根を圧迫し、さまざまな神経症状を引き起こす状態です

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎は背骨のうちで首の部分を構成する骨で、7つの椎骨からなります。上から第1頸椎、第2頸椎と呼び、いちばん下が第7頸椎です。
第2~7頸椎 までは、それぞれの間に椎間板が挟まっています。椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのような働きをします。中心部に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があ り、それを取り囲むように線維輪と呼ばれる丈夫な組織があります。

髄核はボールベアリング、線維輪はバネの働きをしています。頚椎の前方部分は椎体と椎間 板、ルシュカ関節、横突起よりなります。後方部分は椎弓根と椎弓、椎間関節、棘突起より構成されております。前方部分と後方部分とで囲まれたスペースを脊 柱管と言います。

脊柱管の内には頚髄が存在し、頚髄からは左右8対の頸神経が枝を出しています。頚神経は椎間孔から頚部~肩~上腕~前腕~手指へと下って 行きます。椎間板ヘルニアになると髄核が後方へ移動し飛び出た状態になります。その飛び出た頸椎椎間板ヘルニアが神経を圧迫し、首、肩、腕の痛み、シビレ などをもたらします。

頸椎は20歳を過ぎると老化が始まります

髄核の水分が減少することで、椎間板の老化となります。椎間板が水分を豊富に含んでいればクッション性も可動性も良いのですが、脱水してくると衝撃を吸収したり、重い頭を支える働きも低下していきます。そして椎間板が老化すると、弾力性が低下し椎間板の一部がはみ出したり(椎間板ヘルニア)、椎骨が変形して(頚部脊椎症)、脊髄や神経根を圧迫します。
頸椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアに比べて発症年齢が高く、40歳以上に好発します。頸椎椎間板ヘルニア原因として頚椎症性変化を基盤に明らかな原因がなく発症します。中には、軽微な外傷やスポーツ傷害をきっかけに頸椎椎間板ヘルニア発症することもあります。

頸椎は20歳を過ぎると老化が始まります

頸椎椎間板ヘルニアの好発部位は頭蓋骨を支えるのに最も負担が強いられる下位の頚椎です。首の動きは顎を引く動作と、頭を後ろに反る動作と、頭を横に倒す 動作と、頭を捻る動作とがありますが、下位頚椎で前・後屈動作の60%を、側屈動作の90%を、回旋動作の50%を担っているからです。
下位頚椎とは首の 5番・6番・7番を言います。従って、第5頚椎-第6頚椎間の椎間板と第6頚椎-第7頚椎間の椎間板にヘルニアが多く発生します。

ストレスと加齢により椎間板が弱くなり、外にでてくるのが椎間板ヘルニアです

椎間板ヘルニアが生じると、上下の脊椎骨がこすれて余分な骨も形成され(骨 棘)、靱帯も硬くなります。さらに、脊椎の安定性か崩れます。これが変形性頚椎症です。また靱帯そのものが骨化して硬くなった状態を靱帯骨化症(後靭帯骨 化症、黄色靱帯骨化症)と呼びます。

施術メニュー

PAGE TOP