ホーム>

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、筋力低下、加齢、肥満などのきっかけで、膝関節の機能が低下し、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、痛みを伴う状態です

変形性膝関節症

変形性膝関節症の多くが炎症による関節液の過剰滞留があります。変形性関節症は関節疾患の中で最も多い病気で、70歳までのあらゆる年齢の人に発症します。
40歳未満ではけがが原因で女性よりも男性に多く変形性膝関節症発症し、40~70歳では男性よりも女性に多く変形性膝関節症発症します。70歳以降では変形性膝関節症発症による男女差はなくなります。

変形性関節症は人間に限らず、魚類、両生類、鳥類など、ほぼすべての脊椎動物にみられる病気です。変形性膝関節症は動物界にきわめて広く見られることから、変形性関節症は、軟骨組織を修復するための生体内の古いしくみから生じた病気ではないかとみる研究者もいます。

変形性関節症は中年以後に起こる関節の病気です

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形することで起こる変形性膝関節症と、関節リウマチや膝のケガなどの原因によって引き起こされる変形性膝関節症があります。
変形性関節症は中年以後に起こる関節の病気です、老化現象として起こるもののほかに、関節に炎症、外傷、先天性関節疾患などの原因で、二次性に変形性関節症となるものがあります。変形性関節症の中で、もっとも多いのは変形性膝関節症です。変形性膝関節症は日本国内に限っても患者数は約700万人います。
 

施術メニュー

足首の捻挫

捻挫とは、靭帯が断裂にまでは至らない程度の靭帯外傷です

人体には約206個の骨が存在し、これらの骨は単に組み合わさるだけではなく、靭帯と呼ばれる組織でバラバラにならないように繋がれ、我々の外形を維持する事に貢献しています。

捻挫は靭帯にストレスがかかり、伸びたり切れたりする事で靭帯損傷が起こります

足首の捻挫

捻挫に陥る場所は多用される関節に限らず、頚椎や腰椎など、骨と骨を繋ぐ場所ならば何処でも起こり得ます。骨は元来硬いものであるから、それらを繋ぎ支える関節部に衝撃が集まりやすく傷害を受けやすく、また関節自体動かせる範囲が決まっており、加えて継続して力のかかる動きには弱く、運動時に限らず日常生活でも捻挫はよく引き起こされます。ぎっくり腰やムチウ チ症などは日常生活で起こりうる捻挫の代表例です。

捻挫(ねんざ)或いはくじき(挫き)は関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の 一つで、捻挫は一般用語として使いますが、医学用語としては更に損傷部位を限局し、○○靭帯損傷ということが多いです(右膝前十時靭帯損傷:膝の捻挫、右母指MP関節内側側服靭帯損傷:親指の第2関節の捻挫)。

捻挫を最も起こしやすい関節は足関節(そくかんせつ)です

人の体のなかには一般の人の想像をはるかに超える多数の関節があります。四肢の関節のなかにも肩、膝(ひざ)、足など、誰もが関節と認識する関節のほかに、動きが小さいために目立たない関節が多数ありますし、背骨を構成する一つひとつの椎骨(ついこつ)の間にもすべて関節があるのです。
これらの関節がずれないように骨と骨とをつなぎ止め、さらに関節の動きをコントロールする非常に重要な組織が靭帯(じんたい)です。そして、大半の関節は複数の靭帯でいろいろな方向から支えられているのです。捻挫の重傷度を左右するのは、これらの靭帯の損傷の程度です。
靭帯は受けた外力の大きさや方向によって、伸びたり切れたりします。最も軽いのは靭帯を構成する線維のほんの一部が切れたり伸びたりするものですが、複数の靭帯が完全に断裂するような重いものもあります。
 

施術メニュー

外反母趾

外反母趾は足の親指(母趾)の向きが小指側に曲がって「くの字」になる状態

症状としては靴を履くと痛いというのが代表的で、進行状態や個人差にもよりますが、親指の付け根の関節部分が赤くなったり、炎症して腫れ上がるケースもあります。
 

施術メニュー

偏平足

偏平足とは、足底が平らで、土踏まずのほとんど認められない状態になっている足のことです

先天性と後天性があります。先天性はいわば遺伝によるものです。後天性は靴・ヒールなど不適当な履物を履いていたり、堅い床の上で長時間作業をしたりして、生活習慣での問題によるものです。

偏平足になると、正常な足に比べて疲れやすくなります

偏平足

というのは次のような理由からです。正常な足の裏であれば、アーチ状になっています。これ は歩くとき地面から受ける衝撃を和らげるためで、これが崩れてしまうとへっこみがあります。ですが、これが崩れると足の関節・筋肉や靭帯に負担がかかるこ とになります。

アーチ状の足底はクッションのような働きをしているのです。症状は表面的に表れない(無症候性偏平足)場合もありますが、一般的に偏平足に なると、足首の周りや足の裏に痛みが表れたりします。(有痛性偏平足) ひどくなると膝や腰に痛みが表れることもあります。

偏平足には「静力学性偏平足」「外傷性偏平足」「先天性偏平足」がありますが、一番多いとされるのが静力学性偏平足です。静力学性偏平足は体重の増加に伴い、アーチ状の土踏まずの高さが下がることによって起こります。

長時間の立ち仕事など生活習慣が原因となって、ゆっくりと進行するのです。外傷性偏平足は足根骨.中足骨の骨折や足のケガなどが原因で起こる偏平足であり、先天性偏平足は足根骨の並び方が生まれつき乱れており、アーチ状の凹みがなくなっている状態をいいます。
 

施術メニュー

PAGE TOP