ホーム>

テニス肘

テニス肘(上腕骨外上顆炎)は肘外側の短橈側手根伸筋の起始部である上腕骨外上顆から橈骨頭までの部位の炎症で、疼痛を生じる疾患です

テニス肘とも呼ばれるこの疾患はスポーツなどの手、前腕の使いすぎにより生じます。バット、テニスラケットやゴルフクラブを振った際や手指を使った後に外 上顆を中心に疼痛が生じます。テニス肘はテニス愛好家の方が多いことから、この病名を知らない方はいないくらい有名で、日常よく目にする疾患です。

テニス肘

肘(外側・内側上顆)には、手首を曲げる、反らす、捻じる等の筋肉があり、これらを繰り返し使う事で筋肉がついている部分で炎症が起こり痛くなります。上腕 骨外上顆炎(テニス肘)は主に肘の外側が痛くなるバックハンド・テニス肘(上腕骨外上顆炎)と内側が痛くなるフォアハンド・テニス肘(上腕骨内上顆炎)と があります。

どちらも筋肉が腱になって骨に付着する部位の微小断裂とそれに引き続く変化が原因といわれています。40、50歳代に多く、スポーツをしない 人でも起こることがあります。レントゲンでは異常のないことが多いですが、時に骨の棘や石灰化を認めることがあります。

前腕の筋肉がひじの外側に付着した部分に大きな負荷がかかると、ここに痛みが生じます

テニス肘(上腕骨外上顆炎)はテニスのサーブをバックハンドでレシーブしたときに最もよくみられますが、テニス以外のスポーツでも起こります。ラケットでボールを打つと、その衝撃が上腕骨の下端との付着部で腱に損傷を与えることがあります。この障害を発症しやすくなる要因としては、バックハンドストロークのフォームが不適切(ひじが先行するなど手首に負荷がかかる打ち方)、肩や手首の筋肉が弱い、ラケットのガットの張りが強すぎる、ラケットが短すぎる、ラケットの中心でボールをとらえていない、濡れて重くなったボールの使用などが挙げられます。
テニスプレーヤー全体の男女比は不明であるが、テニスに起因する上腕骨外側上顆炎では,女性にやや多く発症すると考えられます。
スポーツでは他にゴルフ、バドミントン、卓球などでも発生し他に仕事(大工、電気工など)や刺しゅうなどでもおこり、字を書く場合は筆圧の高い人に多いと言われています。
テニス肘(上腕骨外上顆炎)511例の検討でも男女比は40.7:59.3とやや女性に多く,283名の外側上顆炎の追跡調査でも男:女=95:188と,テニス以外の発症例でも女性に多いと述べた報告が多数を占めます。
 

施術メニュー

腱鞘炎

腱鞘炎とは、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が手関節橈側(親指側)で、腱鞘が肥厚して狭くなった病気です

腱鞘(けんしょう)とは、腱を包んでいる鞘(さや)のことで、中に滑液と言う油の様なものがあり、
腱を滑り易くしています。

腱鞘炎

腱は要所要所のポイントで、 この腱鞘を通り抜け、抵抗なく効率よく滑走し、指の屈伸が行なわれます。狭窄性腱鞘炎とは、何らかの原因で腱鞘が炎症を起こし、腱が腱鞘内をスムーズに通 過出来なくなった状態を言います。ドゥケバン腱鞘炎は手首における代表的な伸筋腱炎の一つです。

長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が手首の親指側で狭窄される状態です。使い過ぎが原因で、指を酷使する職業の人(最近ではパソコン使用者など)によく認められます。中には、軽微な外傷(打撲や捻挫など)や妊娠、出産をきっかけとして発生する症例もあります。また、時にガングリオンなどの腫瘍によって伸筋腱が圧迫されて起こる場合もあります。

症状は手首の痛みと腫れです。痛みは物を摘んだり、握ったりすると増強します

手を動かす力源は筋肉の収縮で、それにつながる腱は最終的には骨に付着して力が伝わる仕組みになっています。腱の部分は、細くて引っ張る力に対して大変丈夫な組織で、腱鞘とよばれるトンネルの中を滑走しています。手を使うとは、この滑走が何度もおこるということで、使いすぎるとトンネルが腫れてすべりが悪くなります。それによる痛みの程度は軽い違和感から激痛のため持った物を取り落としたり、痛みのために眠れないほどまで様々です。
 

施術メニュー

手根管症候群

手根管症候群(正中神経麻痺)は、手首を通っている正中神経が圧迫されて痛みを生じる病気です

 

手根管症候群

手根管症候群は、正中神経が圧迫されることによって起こります。正中神経は、手首の手のひら側の手根管と呼ばれる部位を通っており、手の親指側に分岐しています。手根管とは、手首の手の平側で、骨と靱帯に囲まれたトンネル状の部位のことです。この中を正中神経と指を曲げる腱が通っています。
ここは解剖学的 に狭くなっているので、腫れを起こすなど、さまざまな理由で線維組織の束により手根管が圧迫を受けます。ちょっとした圧迫でも神経が傷害されやすいので す。その結果、手指の感覚や運動の麻痺を起こします。

手のしびれの3大原因として、脳血管障害、糖尿病、頸椎(けいつい)症のものが挙げられます

一方、これらとは別に最近、患者数が増えているのが手根管症候群です。
手根管症候群(正中神経麻痺)は珍しいものではなく、女性に多く見られます。発症年齢には妊娠、出産前後と閉経前後の二つの時期にピークがあります。また手作業の多い職種でも起こりやすいようです。
手根管症候群(正中神経麻痺)は片手または両手に起こります。ねじまわしを使うときのように、手首を伸ばした状態で繰り返し力を入れる動作を要求される人は、特にリスクが高くなります。コンピューターのキーボードを使うときの姿勢が悪い場合も発症しやすくなります。振動する道具を長い間使用する場合にも手根管症候群を起こすことがあります。妊娠中の女性や、糖尿病、甲状腺機能の低下、痛風、関節リウマチのある人もこの病気のリスクが上昇しています。
正中神経が圧迫されることによって現れる症状は、親指、人差し指、中指の知覚異常、しびれ、ヒリヒリする感覚、痛みです。ときには腕や肩に痛み、熱感、ヒリヒリする感覚が生じます。就寝中の手の位置によっては、痛みがひどくなることもあります。時間とともに、動かさないでいる手の親指側の筋力が低下し、萎縮していきます。
 

施術メニュー

PAGE TOP